T's home/津野建設株式会社のスタッフブログ
好評につき完成見学会第二弾!
 先週末開催の中央区長潟I様邸完成見学会も盛況のうちに無事終了しました。





 ご来場の皆様より大変ご好評をいただきました。


と言うことで引きつづき今週末、完成見学会第二弾を開催します。





ポイントは『シンプル&ナチュラルな内装、機能的な動線とたっぷり収納』





29日(土)・30日(日)AM10:00〜PM5:00


(28日までの平日も予約制にてご案内可能です。詳しくは下記までお問合せください。)


お問合せ先:090-7833-6007(担当直通)


今回がラストチャンス、ぜひお見逃しなく!!



津野幹也
週末は完成見学会
 こんにちは。今週末はいよいよ中央区長潟I様邸の完成見学会。


晴天の昨日は恒例の竣工写真撮影。





 毎回2時間超の時間を掛けてじっくりと撮影していただきます。





 次回4月に完成見学会予定の西区金巻I様邸で撮影も20回を数えます。


下は過去10軒の施工例を掲載した当社パンフレット。





 次回で20軒目ということで現在2冊目のパンフレットの製作準備を進めています。





 5月の初めには新しいパンフレットをみなさまにお届けできそうです。





 素晴らしい写真集になることを確信していますが、 


写真では伝えきれない質感や細かな納まり・動線など


実物を見なければわからない部分もたくさんあります。


それらをぜひ完成見学会でご体感ください。


今週末22日(土)・23日(日)AM10:00〜PM5:00


みなさまのご来場をこころよりお待ちいたしております!!


(※詳しい場所や日程はホームページのイベント情報をご覧ください。)



津野幹也
 
まもなく完成
 中央区長潟I様邸も間もなく完成です。


1回目の完成見学会の日程も決まりました。


3月22日(土)・23日(日)のAM10:00〜PM5:00で開催します。


現場は昨日と今日の2日間でクリーニングを行いました。


明後日には撮影のための家具搬入が控えています。


最終仕上の床のオイル塗装も気温の低さから乾きが悪かろうと、


急きょ夕方より現場に出向き、自らオイル塗装をおこないました。(楽しすぎます…)





玄関ホールから廊下、リビング、ダイニング、


22帖ほどの広さのヨーロピアンオークの床にオイルを染込ませて拭き取ります。


一人でわずか2時間で作業を完了、しっとり艶やかな木目が鮮やかに浮かび上がりました。





うーん!イイ感じ…しばらくの間、ひとりでウットリ見惚れてしまいました。





いつものウォールナットやブラックチェリーとはまた違ったさわやかな上品さがあります。





こちらのI様邸、決して特殊な間取りや奇抜なデザインの家ではありません。


いつものようにシンプルかつコンパクトでありながら適材適所の多彩な収納と、


回遊式の家事動線で非常に使い勝手の良い、飽きのこない家に仕上っております。


開放的な窓や室内建具、丁寧な施工技術をぜひともご覧ください。


みなさまのご来場をこころよりお待ち申し上げております。


津野幹也


間もなく完成です。
 こんにちは。ようやく春らしくなってきました。


今月末はいよいよ中央区長潟I様邸の完成見学会。


工事も大詰め、完成に向け現場にはさまざまな業者さんが入っていました。


下はアプローチと駐車スペースの土間下地の砕石を敷きおえたところ。


ガスや給排水の設備業者さんも下地の前に配管を済ませました。






 下はビッグスワンの前の通りに面した南側の庭。


アルビの試合がある時などには大勢の観客が歩く立派な歩道に面している為、


高さ2.2mの目隠しの塀垣を建てることになりますした。


アルミの柱にメンテナンスフリーの樹脂デッキを目地をずらして柱の表裏に二重張りします。


目地をずらすことによって通風を確保しつつ完全な目隠しとなります。





 下は前回もご紹介しましたポーチの天井、無垢のカバザクラフローリングを張った天井。


外壁のそとん壁の掻き落しも仕上がり、照明器具も取付完了。


想像通りの出来栄え、やさしくてステキな色合いです。





 下は玄関の天然石貼りの様子。


前回見学会を行った東区西野中野山W様邸に貼ったものと同じ種類の石ですが、


前回よりも色の濃い石が多く入っていました。


何といっても天然石、そこがまた面白いところでもあります。





下は東区西野中野山W様邸の玄関。





 内部は壁・天井・床の内装材を全て貼り終えて、照明や設備の器具付段階。


下はリビングの造作TVボードとエアコン隠し兼用の収納庫。


緑のテープが貼られた白いかたまりは1階部分の収納の棚板。


以前もお話しした通り、弊社の建物は収納の多さが売りのひとつ。


可動式の棚板の数だけでも40枚近くありました。


これでも特別多いほうではありません。




 下はいつものシースルーの階段手摺。


今回はアイアン部分の塗装をホワイトに塗りました。





 今回の建物の見どころのひとつは、いつもにも増してよりシンプルでナチュラルな仕上り。


白を基調とした内装にヨーロピアンオークの床材や建具がさわやかな印象を与えるはずです。


完成見学会の詳しい日程は後日また改めてご報告致します。ぜひお楽しみに


津野幹也
破風板
 こちらは中央区長潟のI様邸、外壁の板金工事も本日でほぼ完了。





下の写真は片流れの屋根の先端部分の写真。


屋根の下にある板状のものが破風板と呼ばれるもの。


特に片流れの屋根では強風時に雨が吹き込まぬようにある程度の高さをとっています。


同時に壁体内に入り込んでしまった湿気を外壁の通気層より外部に放出し、


壁体内の結露を防止する外壁通気工法の通気部材の役目も果たします。





雑誌などで破風板の無い、屋根材を折り返しただけ?のような片流れの家をよく見掛けます。


たしかにシンプルでシャープな印象を与える納まりですが、外壁にピッタリとくっついて見えます。


おそらく外壁の通気など満足に取れておらず、


雨風の強い時には下がりの少ない下端から雨水が吹き込む可能性が大。


気候の良い地域ではいいでしょうが、雨風の強い新潟では危険です。


通気が取れていない上に雨水が壁体に入るようでは下地や躯体を痛めてしまいます。


上の写真の破風板は20冂の一枚板に屋根・外壁と同材のガルバリュウムで包んだもの。


いつもそうですが表からあまり見えない敷地の裏側は一枚の破風板で仕上げます。


下の写真の様にメインの道路側など建物正面では出来るだけシャープな印象となるように


10cm程の破風板を上から重ねて打ち2重の破風板にします。


確実に1枚の破風板より高さが低いように見えてシャープな印象となります。





当然のように手間も材料も2重となりますが、意匠性と実用性を兼ね備えた重要なパーツです。



津野幹也
面材の効果とは?
 こんにちは、おぐまです。

こちらは先週上棟した長期優良住宅の I様邸です。

地域型ブランド化事業の補助金対象住宅です。

そのルールの中の1つで、被災地復興目的で、福島県産材

杉の集成柱が使用されております。

 

外周りは、耐力壁の面材としてダイライトを張っています。その効果とは・・

例えば91cmの壁にダイライトを張ると、その2.5倍の長さの227.5cmの

壁が存在すると計算されます。

そして必要な壁量と、配置バランスを計算しながら、

耐力壁を配置していくのです。



ダイライトだけで足りない部分には、筋違い(柱間の斜めの部材)も

入れていきますよ。



窓の外にはハードオフエコスタジアムが見えていますね、

わかりますか?

眺めのいいお宅になりそうですね!

byおぐま

検査員になりました
  こんにちは、毎日冷たい雨が降り続いていますね

こちら中央区長潟の I 様邸は、基礎工事が着々と進められています。

いつものように捨てコンクリートを打って、鉄筋のかぶりをしっかりとります。



 そして昨日は、配筋検査でした。

いつもは、にいがた住宅センターさんの検査員さんに

配筋検査してもらっていたのですが、

私、講習を受け、検査員の資格をいただきました!ので

しっかり目を光らせチェックして参りました。

検査結果や写真はパソコンで住宅センターさんにパパッと

送れるのです。

自主検査の利点は、工程を組むのが楽になり、

スムーズに工事が進むことです。

うん、これはとってもナイスなシステムですね!

byおぐま








連日の地鎮祭
 雨の日曜日、以前お話しした中央区長潟の造成地内で地鎮祭をとり行いました。


新潟駅やイオン・ムサシなどのショッピングセンターも近く人気の造成地です。





 写真にも写っていますがにビッグスワンや鳥屋野潟の公園・エコスタジアムもすぐ目の前、


南向きの素晴らしい敷地。


来年の3月末の完成を目指していよいよ工事スタートです!!


 そして下の写真は昨日の地鎮祭の様子。





 建築場所は西区の金巻、72坪のゆったりとした敷地。


お清めの雨の中、I様ご夫妻とご両親にもご出席いただき滞りなく地鎮祭を終了。


こちらの完成は4月初旬の予定。


 もう一物件、下は12月中旬に着工予定の中央区長潟の敷地。





 こちらは先程の新しい造成地ではなく既存の閑静な住宅街。


南西の2方向道路面したほぼ正方形に近い地形で、


南側道路向かいには公園、東側は駐車場となっていて非常に日当たりの良い敷地。


5月の初旬の完成を目指します。


もちろんこちらの3物件とも、いつもの通り完成見学会を予定しています。


ぜひともご期待ください!!



津野幹也
長期優良住宅・・始まります。
 長潟南の造成地に工事が始まります。

今日は杭を打つ準備として、杭芯出しをしています。

図面の赤丸の部分が杭を打つ部分で、

その数、47本。

 

施工は来週早々になります。

径20僂隆製コンクリート杭をご覧のような機械で

地面に穴を開けて、埋めていくのです。



この物件は、長期優良住宅で100万円の補助金を受ける予定。

手間のかかる申請をクリアし、ようやく着工に漕ぎつけました!

byおぐま