T's home/津野建設株式会社のスタッフブログ
玄関ドアをカスタム

こちらは竣工時の新松崎モデルハウスの玄関ポーチの写真。

 

玄関ドアはシンプルなフラット面材のアルミスライドドアを選択。

 

 

フラット面材を採用した当初よりの計画をようやく本日実行しました。

 

その計画とはポーチ天井と同じ無垢のレッドシダーパネリング材でカスタムすること。

 

 

施工は超簡単、超強力の両面テープで貼るだけ…

 

当初計画は自分でもできると高を括っていましたが全て大工さんに任せて大正解。

 

水平に長さを揃えて貼るのは素人には至難の技、

 

ましてや鍵穴部分やドアハンドルの切り欠きなどは以ての外でした。

 

 

丸一日を費やしましたが想像通りの素晴らしい出来映え、明日クリア塗装をして完成です。

 

 

より高級感と暖かみを増しグレードアップ大成功でした!!

 

 

 

 

ポーチの天然石

新発田市舟入町M様邸の玄関ポーチ。

 

契約当初の仕様は色付のモルタル仕上でしたが、

 

思い切って天然石仕上に仕様変更です。

 

 

玄関の内部は天然石仕上が標準ですが、

 

ポーチの仕上はいつも全体の予算との調整ポイントになりがちな部分。

 

雨や雪の時でも磁器タイルなどより滑りにくいところも利点のひとつですが、

 

なんと言っても味わいが深く、重厚感と高級感が格段に違います。

 

 

こちらは12年目の玄関ポーチ、石の風化や目地に付いた苔がさらに深みを増しています。

 

 

こちらは『新松崎MODEL HOUSE』の玄関ポーチ。

 

 

これからご予定の皆様も是非ご検討下さい

 

耐震等級3

こんにちは!

 

本日は新発田市東新町A様邸の構造材プレカットの最終打ち合わせ。

 

プレカット業者さんと大工さんを交えて行ういつもの作業です。

 

構造伏図を平面図や立面図とじっくりと見比べながら、

 

柱の位置、梁の掛け方や大きさ、各部の寸法、どのような構造金物がどこに取り付くか等々・・

 

確認事項は山のようにあり、打合せのは2時間近くになることも…。

 

 

現在、弊社ではどのお宅でも耐震等級3をクリアするように構造計算をしていますが、

 

客観的な評価が欲しい場合には、第三者機関による性能評価書と言う証明書を取得する事が出来ます。

 

書類作成のお時間と申請料・手数料などを頂くことにはなりますが、

 

証明書による更なる安心感が欲しいというお客様はお申し付けくださいね(^^)

 

(下は今回取得したA様邸の耐震等級3の性能を証明する設計性能評価表です。)

 

 

byおぐま

 

現場の進捗

新潟市東区の2現場お引き渡しを終え、現在は新発田市と聖籠町で3現場が進行中。

 

まずは新発田市東新町A様邸、捨てコンクリート打設して配筋もほぼ完了。

 

木曜日に配筋検査、天候を見ながら今週中にベースコンクリートの打設を予定。

 

 

こちらは聖籠町のI様邸、施主様こだわりのガルバリュウム鋼板タテハゼ葺。

 

 

こだわりポイントはハゼ(鉄板の継ぎ合わせ部分、棒状に盛り上がっている部分です)のピッチ。

 

通常300mm程度のところ、450mmで特注しています。

 

 

比べる対象が無いので写真では分かり難いのですが、スッキリする上に高級感があります。

 

巾の広い分、平らな部分の鉄板のゆがみが心配されましたが、その影響はほとんど無さそうです。

 

 

そして、こちらは新発田市舟入町M様邸。

 

 

内装工事は今週中に終え、来週より器具や建具の取付けに入ります。

 

以前より告知の通り12月8日(土)・9日(日)完成見学会に向けてラストスパートです!!

7年と323日

こんにちは!

 

こちらは新発田市のA 様邸。基礎工事が始まりました。

 

現場に行ったら巨大な土の山!これでもダンプで4台処分しています。

 

敷地の真ん中が結構こんもりと盛られていたので想像はしていましたが(^^;)

 

 

今週は新規の見積もり3件に取り掛かりました、同時進行で長期優良住宅の設計、

 

こちらA様邸のプレカット図チェックと...なにかとバタバタした一週間でした。

 

ブログを書く時にいつもはそんなに目に入ってこなかったのですが、

 

今日何気なく見えた文字。

 

『いままで書いた記事 758件』

 

『ブログを始めてから 7年と323日』

 

えっ!!8年弱も書いてます?...と、びっくり。頑張ってきたな〜と。

 

お暇であれば過去の記事もご覧ください。(^^)

 

byおぐま

セールスポイント

3連休明けの本日、東区河渡Y様邸はプロによる1階回目のクリーニング。

 

 

キッチン・お風呂・照明など器具付けを終えた段階で1回目のクリーニング。

 

ご覧のように出入り口や収納の建具の建付け前のお掃除がいつもの手順。

 

 

建具やカーテンなどを取り付けた後に2回目のクリーニングを行いお引き渡しです。

 

 

建具の無い状態の写真を見るとお分かりのように弊社の建物は棚板だらけ。

 

可動棚と押入の中棚・枕棚・カウンターなどの固定棚の枚数をすべて数えてみると、なんと90枚近くも!

 

大工さんの手間や建具の枚数を惜しまずに造るのが弊社の強力なセールスポイントです!!

各現場順調です。

こちらは東区河渡の2世帯住宅Y様邸。

 

外部は足場も外れて駐車場の外構工事を残すのみ。

 

 

内部は表具工事も終盤です。追っかけ電気屋さんが器具付を始めてました。

 

 

今月末のお引き渡しに向けて順調です。

 

こちらは年末お引き渡しの新発田市舟入町M様邸。

 

 

外部はメタリックシャンパンの外壁ガルバリュウムもほぼ終わり。

 

内部は大工工事の真っ最中、こちらは1階のオーク床材。

 

存在感のあるラスティックな表情が良い感じ、順調に進んでます。

 

 

こちらは本日が上棟1日目の聖籠町2世帯住宅I様邸。

 

 

台風の影響もほぼ受けず無事上棟、明日2日目の天気予報もバッチリのようです。

 

そしてこちらは先週末の土曜日に地鎮祭の新発田市東新町A様邸。

 

 

台風の雨雲が近づく中、スマホで予報を見ながら予定の時間を急遽早めての地鎮祭。

 

おかげさまで雨に降られることもなく、無事に地鎮祭と近隣ご挨拶を終えました。

 

来年の3月末のお引き渡しを目指して工事スタートします。

中庭

こちらは12年前に竣工のMODEL HOUSE1。

 

リビングと奥の和室に挟まれた右側が約5帖ほどのFRPグレーチングの中庭。

 

 

こちらはリビングとダイニングに面する樹脂デッキの中庭。

 

 

こちらはタタミリビングと和室に面したFRPグレーチングの中庭。

 

 

こちらは昨年10月竣工の上MODEL HOUSE樹脂デッキの中庭。

 

樹脂デッキの場合はチェアやテーブルの脚形状を気にすることなく何でも置くことが出来ます。

 

 

そしてこちらは新松崎MODELHOUSEのFRPグレーチングデッキの中庭。

 

FRPの場合、チェアやテーブルの脚はグレーチングの格子に落ちないものを選択して下さい。

 

 

どちらも万能なのがこのパターン、敷物を敷いて座卓と座布団で七輪焼き。

 

 

周りの目を気にする事無く、ゆっくりくつろげるアウトドア空間での食事。

 

現在着工やご予約をいただいている新築の半数(5棟)が中庭のあるお宅。

 

これから新築をお考えの皆さんも、中庭での至福の時をいかがでしょうか

ガス温水式床暖房

こんにちは、こちらは新発田市のM様邸です。


今日は床暖房のパネル敷き工事でした。


リンナイさんとの先日の打合せ通り、


造り付け家具やシステムキッチンに


当たらないように敷き込み完了。



熱源機はリンナイのハイブリッド給湯器、エコワン。


ランニングコストが約半分になる、当社では毎回のように


ご採用いただいている人気の商品です。


byおぐま


お引き渡し

東区中山のH様邸は造作の建具も取付完了、本日は塗装屋さんがオイル塗装で仕上。

 

 

中庭はFRPグレーチングの下地組、ホワイトのアルミ角材を使用。

 

 

明日はこちらの骨組に特注色ホワイトのグレーチング(1m×3m)を4枚敷込み。

 

いよいよ今週末お引き渡しとなります。