T's home/津野建設株式会社のスタッフブログ
いつもの収納

こちらは建具の取付前の中央区女池北K様邸のLDK。

 

 

いつものアピールになりますが、こちらのLDKはいつにもまして収納だらけ。

 

 

LDKだけでもカウンターや可動棚の枚数が大小合せて62枚!

 

家中の全部を数えてみると、なっなんと110枚以上もありました!!

 

これらのほぼ全てに建具が取付けられ、

 

一見して収納とは分からなくするのが弊社の得意技。

 

是非とも完成見学会でご確認下さい!!

ユーティリティ

中央区女池北のK様邸は仕上工事の真っ最中。

 

こちらのK様邸は特にユーティリティ(家事)スペースにこだわったお宅。

 

下はランドリールームのスロップシンク取付け前のキッチンパネル貼り。

 

 

スロップシンクとは底の深い大きな流しのことで、


スニーカーや雑巾・おむつなどを洗ったり、泥のついた野菜を洗ったり、

 

掃除で使った汚水を流したり、植木鉢の水やりなどに使える便利なシンクのこと。

 

 

下は収納たっぷり、1.6mワイドのオリジナル造作の洗面化粧台。

 

 

その他にもガスの衣類乾燥機や外部物干しスペース、

 

大容量のクローゼットなどを備えたこだわりの多機能ユーティリティ。

 

是非とも来月末の完成見学会でご覧下さい!!

左官工事と石工事

こんにちは。こちらは中央区女池のK様邸。

 

内部は表具工事が終了、今度は左官屋さんが入ってきています。

 

 

こちらのK様邸は玄関の床も、ポーチの床も階段も天然石貼りで

 

仕上げます。

 

 

下は天然石で400×400の大きさのもの。

 

微妙に違う色の石をバランスを見ながら貼っていきます。

 

タイルとは違い表面が真っ平でなく、その凸凹も考慮しつつですので

 

難しい仕事です。

 

 

毎回施工してもらっている熟練の職人さんですので

 

お願いするこちらとしても安心感がありますね〜。

 

byおぐま

 

防音室 その3

こんにちは、こちら中央区女池K様邸の『防音室 その3 』のご報告。

 

天井はこちらの白いボードが仕上材。

 

防音性能と遮音性能を兼ね備えた厚さ19mmの材料。

 

石膏ボードよりかなり柔らかめ、大事に扱わないとすぐ欠けてしまいます。

 

 

美しい…大工さん丁寧に施工してくれました。

 

 

下は壁の厚み部分です。

 

ここにさらにもう一枚張るのですが、それを入れるとなんと7層!!

 

壁全体の厚みは16cmにもなります。

 

 

こちらは入口のドア枠。

 

四方に黒いパッキン材が付いていて、ドアの隙間にピタッと密着。

 

ドア本体には鉄板が入っており、かなりの重量があります。

 

このドアの取付には大工さんも一苦労したそうです。

 

 

来週末より最終仕上。

 

壁に布クロスを貼り、内部サッシを取付け防音室の完成!

 

バッチリ施工出来ましたので、カタログ通りの防音性能が発揮できるはずです!!

 

byおぐま

防音室 その2

こんにちは、こちらは中央区女池のK様邸の防音室。

 

何重にも重ねていく手間のかかる仕事です。

 

こちらはサッシ廻り。パテのような遮音隙間充填材と気密遮音コーキングで

 

隙間をきっちり埋めます。

 

 

天井、今見えているのは遮音パネルです。

 

もちろんボードの足し目には気密遮音コーキング。

 

この下には既に普通の石膏ボードと、吸音ウールが張られています。

 

 

↓遮音パネル。石膏ボードに突起付き制振マットが付いているものです。

 

 

そして同じ作業をもう一重繰り返していきますよ。

 

 

壁も同じように吸音ウールに石膏ボードと遮音パネル、

 

それをもう一重。

 

壁の入隅や出隅などのボードの隙間のできそうな部分には

 

黒い遮音テープ。1mm厚のゴムのようなもの。

 

 

とにかく隙間を埋め、重ねるの繰り返し。

 

まだ説明しきれないのでまた次回。

 

byおぐま

防音室 その1

こんにちは、こちらは中央区女池のK様邸。

 

防音室のあるお宅です。

 

床も壁も天井も何重にも重ねて、部屋の中に部屋を造るイメージです。

 

天井と壁はいつもならボード1枚のところ、吸音ウールを挟みつつ5枚!

 

しかも遮音や防音のための特別な建材を使用します。

 

下はフローリングの下に張る厚さ18mmのゴム製遮音マット。

 

マットの足し目には遮音コーキングを塗ります。

 

 

気密の高い部屋になるので給気、排気共に強制換気で。

 

 

換気扇のダクトもこんなにゴツイんです。 

 

 

 

また工事が進んできたらちょくちょくブログにアップしたいと思います。

 

byおぐま

来週は上棟検査です

 

こんにちは、こちらは先週上棟した

 

中央区女池のK様邸です。

 

内部は構造金物を取り付け終わって

 

来週早々に第三者機関様からの上棟検査を受けます。

 

筋違いも金物も図面通りに取り付け終了。

 

 

屋根裏を見上げると小屋筋違いもバッチリ入っています。

 

そして屋根垂木の下端にタイベックシルバーを

 

貼ってウレタン吹き付けの準備も着々と進んでいますよ!

 

Byおぐま

 

 

基礎の脱枠

こんにちは、今日から3月。

 

昨年と比べると暖かい日が多いですねぇ、

 

スタッドレスタイヤももういらないみたいです。

 

さてこちらは中央区女池のK様邸、基礎の立ち上がりの

 

脱枠をし、埋め戻しの最中です。

 

 

 

防湿フィルムを隙間なく敷いてから基礎の中の防湿コンクリートと

 

玄関、ポーチ周りの土間コンクリートを打って

 

基礎工事は終了です。

 

今日は上棟の段取りや、必要な建材の発注などで一日が

 

終わりました。

 

再来週にはいよいよ上棟ですよ。

 

byおぐま

 

 

見所満載です!

こちらは先週末に捨てコン打設の中央区女池のK様邸。

 

配筋検査を控え基礎鉄筋組立の真っ最中。

 

 

暖冬に恵まれ工事は順調、来月の中旬の上棟を予定しています。

 

建物全体は7月末に完成のこちらK様邸はいつにも増して見所満載!

 

敷地はゆったり81坪、延床もゆったり46坪5LDKの間取り。

 

収納スペースの多さは過去最高ではないでしょうか。

 

さらに楽器演奏が趣味のご主人の部屋は最高クラスの防音仕様。

 

完成が今から楽しみです!!

捨てコンクリート

こんにちは。

 

こちらは先週着工しました中央区女池のK様邸です。

 

今日は基礎の捨てコンクリートを打ちました。

 

ブログでは何度もご紹介していますが、捨てコンクリートとは

 

鉄筋を組む前の下地で鉄筋のコンクリートのかぶりを正確に

 

確保し精度をあげるために必要な工程。

 

 

費用的にも多少かかりますが、家を支える大事な部分ですし

 

取り替えることのできない部分でもありますから

 

この工程を省く会社さんも多い中、

 

そこはこだわって当社では毎回施工しています。

 

byおぐま