T's home/津野建設株式会社のスタッフブログ
<< 家具詳細図 | main | 次回の完成見学会 >>
浴室は基礎断熱
  こんばんは、今日のM様邸は基礎の防湿コンクリートを打つ

準備をしていました。



基礎の立ち上りにところどころ開口がありますが、これは人通口といって、

工事中や、アフターメンテナンスの際に、床下のどこにでも入っていけるように

しておくための開口です。

今、土が見えている部分に防湿フィルムを敷き、上から防湿コンクリートを打ち、

地面からの湿気をシャットアウトします。



こちらは浴室の部分です。↓ ↓

M様邸は基礎パッキン工法(基礎の上に厚さ2僂離僖奪ンを置き、土台を浮かす。)で、

お部屋の床下は通気させるのですが、

ユニットバスの床下は冬寒くなりすぎるので、ここだけは基礎断熱で密閉空間にします。

基礎の立ち上り部分に断熱材を施工しています。



今日は夕方からM様と打合せをさせていただきました。

長時間ありがとうございました、お陰様でサクサクと決め事が

まとまりました!

byおぐま
COMMENT









TRACKBACK URL
http://tsuno-home.jugem.jp/trackback/234
TRACKBACK